8 円 パチンコ ポーカープロ、ダニエル・ネグラヌが久々の億賞金獲得

イメージ:pgt.comより
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

カナダ人ポーカープロのダニエル・ネグラヌ/Daniel Negreanuは$300,000 スーパーハイローラーボウルで優勝し、$330万(約4億8千万円)の賞金を獲得しました。億越えの賞金は、2019年7月のWSOP イベント#83 $ 100,000 ノーリミットホールデム – ハイローラー以来となります。

バイイン$300,000(約4,300万円)のスーパーハイローラーボウルに参加したのは24人。この中には歴代賞金ランキング1位から3位までがおり、この入賞順位によっては歴代賞金ランキングの入れ替えも予想されました。

トーナメントダイジェスト

賞金を獲得できるのは4名のみ。そして早くも、歴代賞金ランキング1位のブリン・ケニー/Bryn Kenneyとダニエル・ネグラヌの勝負となりました。A-Aを持つブリン・ケニーと3-3を持つダニエル・ネグラヌ、フロップではケニーがセットとなり、誰から見てもケニーが有利でした。ターンでは3が現れ、ネグラヌもセットとなりますが、ケニーには及びません。

しかし、リバーで信じられないことが起こります!これは下の動画を是非ご覧ください!

これでケニーはトーナメント開始早々敗退し、この勝利でチップを増やしたネグラヌは、そこからも少しずつ、しかし確実にチップを増やしていきます。

いよいよ賞金獲得となる残り4人となった中には、歴代賞金ランキング2位のジャスティン・ボノモ/Justin Bonomoがいました。そのボノモも4位で敗退、しかしケニーを追い越して歴代賞金ランキングのトップに躍り出るのに十分な額、$720,000を獲得しました。

その後、アンドリュー・リヒテンバーカーは運にも恵まれず3位で敗退、これで残るはニック・ペトランジェロ/Nick Petrangeloとネグラヌの二人となりました。しかしこの ヘッズアップはネグラヌとペトランジェロとのチップに既に大きな差があったため、ネグラヌの圧倒的なリードでゲームは進み、最後はネグラヌがQ-7でオールインし、ペトランジェロはK-5でコール、全てのチップを シャブしました。

ペトランジェロのハンドの方がやや有利でしたが、ここでも幸運の女神はネグラヌに微笑みました。その様子が以下の動画です。

「低迷期」にいると囁かれていたダニエル・ネグラヌ(現在の歴代賞金ランキング3位)は、この二つの動画で共に相手より弱いカードを持っていましたが、運に恵まれ、これまでのバッドビートからようやく抜け出したようです。

8 円 パチンコ

順位 プレイヤー 賞金
1st ダニエル・ネグラヌ アメリカ $3,312,000(約4億8千万円)
2nd ニック・ペトランジェロ アメリカ $2,016,000(約2億9千万円)
3rd アンドリュー・リヒテンバーカー アメリカ $1,152,000(約1億8千万円)
4th ジャスティン・ボノモ アメリカ $720,000(約1億円)

関連記事:

日本人ポーカープレイヤー賞金ランキング!(2022年1月現在)

WSOP 2022 日本人ファイナルテーブル進出者ダイジェスト③!

このニュース記事を共有する
Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な大阪 カジノ 株をお届けします♪