三重 パチンコ イベント

F1ラスベガスはブックメーカー界でも大成功
著者: Tomo Tomo
掲載日    |   更新日

「シン・シティ」ラスベガスで開催されたF1GPは、多くのオンラインブックメーカーにとってフォーミュラレース史上最も賭けられたレースとなりました。

インターネット カジノ 大阪(日本ではサービスを提供していません)で最も人気のあるブックメーカー「DraftKings/ドラフトキングス」でも例外ではなく、ラスベガス・フォーミュラ1(F1)レースは、取り扱い額と賭け数の両方で同社史上最も賭けられたF1レースであり、どちらの指標においてもF1記録を保持していた2021年ベルギーグランプリを上回ったと発表しました。また、ベッターの間でF1ベットの人気が高まっていることを示すデータも発表しています。

F1を含むモータースポーツは、スポーツベット業界では「その他」のカテゴリーに属し、ベットの人気という点ではサッカー、バスケットボールなどの人気スポーツの次に位置しているスポーツカテゴリです。

今後もアメリカではアメリカンフットボールが、ヨーロッパではサッカー(フットボール)が最も多くのベットを集め続けると思われますが、F1がベッターに浸透しつつあることは明らかであり、その進歩は過去数年間に表れています。

モナコ カジノ

ドラフトキングスの歴史上、F1売り上げ上位10レースのうち9レースが2022年シーズン以降に開催されたもので、うち6レースが今年開催されたレースです。この中にはラスベガスGPとマイアミGPが含まれており、シリーズが開催する3つの米国レースのうちの2つとなっています。

ここで注目したいのは、ドラフトキングスと米国市場のライバルであるファン・デュエル/FanDuelは、店舗型でもオンラインでもネバダ州ではベットを受け付けていません(ライセンス等の事情により)。ネバダ州の売り上げなくしてこれまでのF1記録を塗り替えたことは、F1がベッターの間で人気を集めていることを浮き彫りにしています。

ドラフトキングスは(そしてファン・デュエルも)いずれネバダ市場に参入すると予想されますが、ラスベガスのF1レースに関して言えば、ブックメーカーがレースから利益を得るのに必ずしもネバダ州を必要としていないことは明らかです。

関連記事:

🌎【2023年】日本で人気のスポーツトップ10!米/英/世界と比較!

2023年:世界で最も稼いだスポーツ選手ランキングトップ50人+1!

🗺最も人気のスポーツベットは?世界と日本を比較!

🕺F1ラスベガスGPでレースを楽しんだセレブたち

このニュース記事を共有する
Tomo
著者について
幼い頃からトランプと花札に親しみ、パチスロ、競馬、競艇と、とにかく【賭ける】ことが大好き♡日本を飛び出しマルタに上陸、仕事を見つけるまでの1年間、毎日ランドカジノに入り浸りw。そのギャンブル好きが買われ、オンラインカジノ、ブクメのサポート、某大手アフィリエイトのメインライターを務めた後、ここ、ジャパギャンヘ!好きなゲームはテキサスホールデム、BJ、そしてEスポーツベット!ゲーミング業界人とプレイヤーという両方の視点から、皆さんに有益な情報をお届けします♪